1歳半健診で眼の検査ができるようになりました。

  今週より眼のスクリーニング検査用の新しい機器(スポットビジョンスクリーナー)を導入します。

 

 乳幼児期の目の悪さは網膜の未発達による弱視につながり、早期に発見して、しっかりとした像を目の中に作ってあげることで、のちの視力低下を防ぐことができます。

 

 当院ではスポットビジョンスクリーナーを導入し、1歳6ヶ月健診に来られたお子さんを対象に眼のスクリーニング検査を行います。

 

 通常の視力検査は3歳くらいまでできませんが、この検査では生後6ヶ月から検査が可能で、痛みや器具の接触もなく、わずか数秒で結果がわかります。

 

  お子さんがテレビをすごく近くで見たがる、目つきが気になる、3歳時健診・就学前健診などで視力検査がうまくできなかったなど、視力に関して気になる場合はお気軽にご相談ください。

 

 なお、スクリーニング検査のため、結果が『要・精査』の場合は、最終診断のために眼科専門医への紹介とさせていただくことになります。

 

 また、特に症状がない場合は、自費で受けて頂くこともできますのでよろしくお願いいたします。

 

@@@